『思い出のファミコン』が本になりました
 

思い出のファミコン_トップへ


源平討魔伝 源平討魔伝
ナムコ
1988.10.21発売
©1986 1988 NAMCO

ゲーセンでの感覚は一切得られなかったが

 『源平討魔伝』といえば、ゲームセンターにある大きなキャラが印象的なアクションゲームを思い出しますが、このファミコン版はボードゲームでした。

 実際、ボードに駒、カードなどが付いてきて、テレビ画面に合わせて駒を動かしてゲームを進めました。実際に駒を動かすのは、一見面倒くさいようで、すごくわかりやすいと思いました。ボードゲームが好きなら面倒くさくもないのではないでしょうか。

 さらに印象的だったのは、それぞれプレーヤーの敵の役を別のプレーヤーがやるということです。これにより別の人の番にもやることができて、競争心も高まります。……褒めすぎでしょうか? ゲームセンターでの感覚は一切得られませんでしたが、好きなゲームでした。

寄稿:もよもと 男 1976年生 青森育ち 会社員


コンピュータ相手にやっていた寒い思い出

 ゲームを「一人で遊ぶ系」「みんなでわいわい遊ぶ系」分けるとすれば、このゲームは当然後者の方。当時、歴史のロマンに目覚めた私はゲームの内容を良く理解せず、「おまけの日本地図」みたいなセットに心をときめかせました。

 さて、実際のゲームの中身は……う〜ん面白い! しかし、ひとりでやっててつまんんない……。当時大好きだった『たけしの戦国風雲児』の大名編をストイックにした感じで大変好感度高かったけど、「歴史が好きなヤツがまわりにいない」ということもあって、共通の同志を得られず、コンピュータ相手にやっていた寒い思い出しかありません。

 友だちにムリやり付き合わせても、「義経が出てきたね〜」「これ、つまんないから他のやんない?……」と、まるで恋人を自分の趣味にむりやり付き合わせて、かえって申し訳ないことをしたような罪悪感にさいなまれる始末……。原作のアーケード版は、超どデカキャラが縦横無尽に駆け回るバリバリアクションだったことを知るのは、それからずっと後でした。

寄稿:FAZZ  男 1977年生 神奈川育ち 塾の教室長

あなたも思い出コラムを書いて送ってみませんか?