『思い出のファミコン』が本になりました
 

思い出のファミコン_トップへ


マッピー マッピー
ナムコ
1984.11.14発売
©1983 1984 NAMCO

待ちきれず仕方なく買ったけど夢中になる

 忘れもしない大人気ゲーム『ゼビウス』が品切れしていて、ファミコンショップのおばちゃんの「来週には入荷する」という言葉に、「そんなに待てない!」ということで仕方なしに買ったゲームでした。

 気がつけば1面ではニャームコの動きを完璧に覚えて高得点をたたき出す(アイテムの後ろに隠れている時だと高得点)、 アイテム点滅の順番など完璧に覚えて、『ゼビウス』の存在を忘れるほど夢中になってプレーしていました。自作した箱にハイスコアを書き込んでいたのですが、カセットを貸した友人から、「よくお前あんな高得点出せるよな!」と感心されたのも良い思い出です。

 もっとも、年上のお兄さんがいた場合は、「お前の得点、にーちゃんがあっさり抜いたぞ?」とか言われたりもして、年上の人に対する壁というか、絶対にかなわないなーと思ったものです。

 後年、たまたま入ったゲーセンで『マッピー』を見かけて得意顔で50円玉を入れて遊んでみたら、1面もクリアできず、アーケードとの違いを思い知らされました。

寄稿:ともひろ 男 1975年生 埼玉育ち ゲームプログラマー


友だちの弟や妹が見学に来るほどうまかった

 いまだに歌えるあのBGM。ファミコンゲームは数多くやりこなしましたが、どうしてでしょう、いまだに口ずさめるのは、マッピー、ゼビウス、スターフォース、ゼルダ、ドラクエ・・・。往年の名作ばかりではないですか! 逆に、最近のゲームってあまり記憶に残ってない・・・。その記憶に残っているゲームに共通するのは、間違いなく100時間以上はやり込んでいるということかなあ。

 『マッピー』も、クラスで一番やりこんでいて、みんなが20面くらいでダウンしていくなか、間違いなく僕は50面をプレーしていました。友だちの弟や妹が噂を聞きつけて見学に来るほどで・・・。

 アイテムとって、猫から逃げて、時々猫を突き飛ばして、あの頃のゲームって単純なのに奥が深かったなあ、「シンプルイズベスト」ってこういうことなのかと、最近のゲームを見ながら思ってしまいました。

寄稿:ピチパラキング 男 1974年生 広島育ち 会社員


多人数プレーができたらいいのに

 あまりアクション系に手を出さなかった僕が、同ジャンルの中で一番気に入っているのがこの『マッピー』。単純なルールとコミカルで愛着が湧いた敵キャラ。その名前も「ニャームコ」、「ミューキーズ」といった、かわいいイメージが大好きだった。

 遊びすぎるほど充分堪能し、他のゲームの息抜きとしても時々取り出したこのゲーム、もちろん今でも大好きなのだが、ひとつだけ提案がある。二人同時プレーができればもっと楽しいだろうと思う。もちろん横スクロールのままだと二人ではできないが、その点を変更すれば何とかなる。

 『ボンバーマン』がそうして最大4人まで遊べるようになったのだから、マッピーも可能なはずだ。ナムコさん、開発して!

寄稿:ライデン 男 1974年生 大阪育ち 企画戦略部署兼任営業担当


ゴキブリを見ると思い出す

 アクションゲームが大の苦手な私にとって、この『マッピー』は、胸を張って「得意です!」と言えるほどやりこんだゲームだった。

 ある夏の日の夜、やはり私は『マッピー』に夢中になっていた。この日はよほど調子が良かったのか、サクサクと進んでいく。それまで、30面くらいまでしか進めなかったのに、あっさりと 記録更新。どこまで行けるかドキドキしながら進めていった。

 そして47面。50面まであと少し、その時事件が起こった。

 視界の片隅に入った、黒くて動く物体。そしてその物体はこちらへ近づいてくる。瞬間、私はコントローラーを投げ出し、悲鳴を上げてその場を逃れた。ゴキブリだ。あと3面で50面クリアだったのに・・・。私は、ゴキブリに負けたのだ。

 大の苦手なんだけど、ゴキブリを見ると思い出す・・・。『マッピー』だけは、友達に腕を誇れるゲームだったなぁ、って。

寄稿:白タイツ 女 1973年生 静岡育ち 主婦

あなたも思い出コラムを書いて送ってみませんか?