思い出のファミコン_トップへ

制作者プロフィール:

深田 洋介(ふかだ ようすけ)

1975年2月、広島県広島市生まれ。葛飾柴又で幼少年期を過ごす。
学研において学年誌、月刊幼児教材などの編集者を経て、All About Japan(現All About)のエディターに。
サイバーエージェントでHTMLメールマガジンなどのプロデュースや新規事業の立ち上げをした後、独立。
現在は子育て・教育関連分野を専門ジャンルとして、出版&Webコンテンツの企画・編集・制作を生業とする。
http://fmcm.jp/

育児・教育ニュース&コラムサイト『MAMApicks』編集長
http://mamapicks.jp/

朝日新聞「著者に会いたい」のインタビュー記事[2012年08月19日掲載]】

■個人サイト アーカイブ
おきらく世論調査 100万人にききました
おれの大江戸線
駅のトイレ(モバイル)』
 

ファミコン履歴書:
1983年秋 このころから友だちの家でファミコン遊びをするようになる。当時のA、Bボタンは四角いゴムボタン。
1985年5月11日 ファミコン本体より先に、初めてのゲーム『けっきょく南極大冒険』を購入。
1985年5月23日 父親のプレゼントでファミコンが我が家にやってくる。同時に『ゴルフ』、『ロードランナー』、『バルーンファイト』も入手。

■そのほか家にあったファミコンゲーム(発売日順)
『レッキングクルー』、『忍者じゃじゃ丸くん』、『ボンバーマン』、『ゼルダの伝説』、『忍者ハットリくん』、『ハイドライド・スペシャル』、『グラディウス』、『ドラゴンクエスト』、『スーパーマリオブラザーズ2』、『東海道五十三次』、『がんばれゴエモン! からくり道中』、『機動戦士Zガンダム ホットスクランブル』、『キングスナイト』、『悪魔城ドラキュラ』、『プロレス』、『ガルフォース』、『きね子』、『プロ野球ファミリースタジアム』、『謎の壁 ブロックくずし』、『ブリーダー』、『ディープダンジョン』、『プロフェッショナル麻雀悟空』、『ドラゴンクエストII』、『ナゾラーランド』、『エスパードリーム』、『オトッキー』、『ダーティーペア プロジェクト・エデン』、『グリーンベレー』、『レリクス 暗黒要塞』、『新宿中央公園殺人事件』、『スマッシュピンポン』、『ディープダンジョンII』、『ファミリーボクシング』、『エキサイティングビリヤード』、『北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ』、『夢工場 ドキドキパニック』、『エキサイティングバスケット』、『聖闘士星矢 黄金伝説』、『ファミリーマージャン』、『大魔司教ガリウス 魔城伝説II』、『奇々界々 怒涛編』、『ドラキュラII 呪いの封印』、『女神転生 デジタルデビル物語』、『つっぱり大相撲』、『沙羅蔓蛇』、『SDガンダムワールド』、『鉄道王』、『ファイナルファンタジー』、『ファミスタ'87』、『ファミリーサーキット』、『アイスホッケー』、『ドラゴンクエストIII』、『カイの冒険』、『三国志 中原の覇者』、『ファイナルファンタジーII』、『ファミスタ'88』、『ドラゴンクエストIV』、『ファミリーサーキット'91』